2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡県富士市石井の石井浅間神社の水盤
2012年 02月 23日 (木) 13:55 | 編集
もう静岡県にはいぼとりの神様・仏様がみつからないのかなと思っていましたが、ネット検索中に富士おさんぽ見聞録というブログの「石井浅間神社」のページの中にイボトリの伝えがある神社の水盤に出会いました。

石井町憩いの家
石井町憩いの家

石井町憩いの家で左折
石井町憩いの家で左折

石井浅間神社の入り口
石井浅間神社の入り口

石井浅間神社の赤い鳥居、少し歩くと神社の拝殿が見えてきます
石井浅間神社の赤い鳥居、少し歩くと神社の拝殿が見えてきます

サイト「いぼとり神様仏様」の石井浅間神社のページも是非御覧下さい。水盤の水をつけるとイボがとれるそうですが、今まで訪問した184か所のいぼとり神様・仏様のうち44か所が水をつけてイボをとる風習があります。そのうち水盤あるいは手水舎の水をつけるところが7か所でしたので御覧下さい。
1)諏訪神社(静岡県御殿場市竃
2)大地蔵さん(静岡県西伊豆町宇久須)
3)義経硯水(静岡市清水区蒲原硯水)
4)西脇の椙地蔵尊(静岡市駿河区西脇)
5)いぼと地蔵(静岡県浜松市天竜区春野町宮川)
6)清凉寺のいぼとり地蔵(山梨県都留市中央)
7)宝福院の三界萬霊等(山梨県笛吹市八代町北)
スポンサーサイト
軽井沢のイボ神様
2011年 09月 23日 (金) 19:19 | 編集
さらに1か所いぼとり神様が見つかりました。福岡県久留米市御井町の高良神社にある馬蹄石です。馬蹄石にたまる水をイボにつけるとイボがなくなると言われています。長野県北佐久郡軽井沢町長倉にある烏明神のページを公開しました。軽井沢町を東西に走る国道18号線バイパスの鳥居原交差点から県道157号線を南へ800mほどの泥川ダムの下流の湯川にかかる釜ケ淵橋を渡ったすぐの西側に烏明神がありました。ペンションノームの森のすぐ南西です。

湯川に架かる釜ケ淵橋
湯川に架かる釜ケ淵橋

橋を渡ってすぐ左折、写真中央に小さな烏明神の鳥居が見えます。
橋を渡ってすぐ左折、写真中央に小さな烏明神の鳥居が見えます。

烏明神の社殿内部
烏明神の社殿内部
静岡県富士市の5つめのいぼ神様
2011年 02月 04日 (金) 20:47 | 編集
前々回のブログで紹介した傘木のいぼ神様を掲載していた「やまぶどうの徒然日記」のやまぶどうさんが富士市内のもう一つのいぼ神様を教えてくれました。富士市石井にある石井浅間神社です。ネット検索をしてみると石井浅間神社を紹介した「富士お散歩見聞録」というブログを見つかりました。いぼとり祈願の方法が神社の水盤の水をイボにつけるいぼ神様です。これと同じスタイルの神社が同じ静岡県東部にある御殿場市竃にある諏訪神社です。もうひとつ水盤の水が湧水ですがやはり静岡県東部の函南町日守にある疣水神社です。この3か所とも御神水をイボにつけて祈願をすることが同じなのです。
神宮皇后ゆかりの磯良神社のいぼ水さん
2010年 12月 31日 (金) 17:49 | 編集
漢方薬の老舗の本草製薬のMRのMさんから大阪府茨木市三島丘にある磯良神社のいぼ神様の写真と資料をプレゼントして頂いたので、疣水磯良神社のページを頂いたイボ神様の1ページとして公開させて頂きました。茨木市にはこんな思い出があるんです。京都の大学病院で無給医局員をしていた頃のことです。食べなければならないので、JR茨木市の駅の近くの診療所でパートの医者をしていたことがあります。皮膚科の形成外科医なのに風邪とか中耳炎とか内科・外科などなんでも診ていたのです。夜9時に診療所の診察を終えてから京都駅まで行き、京都で夜行の北陸線の日本海という特急に乗り換えて福井駅に真夜中に着いて、福井日赤病院で診療をしたことが昨日のように思い出されます。疣水さんは診療所のすぐ近くにあったのです。

疣水磯良神社のお社
疣水磯良神社のお社

大鳥居の前にある疣水神社の石塔
大鳥居の前にある疣水神社の石塔

疣水さんの御神水の取り口
疣水さんの御神水の取り口

おしゃもじさんはイボ取りの神様
2010年 10月 15日 (金) 21:36 | 編集
静岡市清水区三保の佐久神社は古くは左久神社といわれ、社の東側の数軒だけで、6月15日を祭り日としていた小さな祠でした。現在も三保3051-1番地すなわち本町一区自治会主催で毎年6月15日前後の日曜日に祭りを行われています。境内には旧清水市のみどり条例により昭和60年4月1日に保存樹木の指定を受けたタブの樹があり佐久神社のシンボルです。サイト「いぼとり神様・仏様」の「おしゃもじさん・佐久神社」のページも御覧下さい。

佐久神社の東側から眺めたタブの樹
佐久神社の東側から眺めたタブの樹

旧清水市による保存樹木指定の掲示
旧清水市による保存樹木指定の掲示



9年ぶりに瘡守稲荷神社を訪れました
2010年 03月 04日 (木) 18:09 | 編集
静岡県富士市本市場にある静岡県富士総合庁舎に仕事で出掛けた帰りに、庁舎のすぐそばにある瘡守稲荷神社に立ち寄りました。瘡守稲荷神社は9年前と変わらぬ姿でありましたが、古くて読めなかった高札に新しく印刷された説明が貼ってありました。文面は以下のとうりです。~本市場瘡守稲荷神社 此瘡守神社の前に置かれている『白石』は江戸時代より熱病を治癒する霊石とされ、またの名を『疣神様』と呼ばれ親しまれて来ました。今は家内安全、病気平癒、進学祈願に此の『白い石』1個をお借りしお礼参り時には借りた『白い石』を二個にしてお返しする習わしが有ります。 本市場区氏子 平成十八年四月記~とありました。サイト「いぼとり神様・仏様」の瘡守稲荷神社のページも更新しましたので御覧下さい。

印刷された瘡守稲荷神社の説明
印刷された瘡守稲荷神社の説明
三重県津市のいぼ神様(2)~家城神社
2009年 12月 30日 (水) 09:28 | 編集
 三重県の津市で訪問取材した二つ目のいぼ神様を紹介します。津市白山町南家城の家城神社は有名ないぼ神様です。家城神社境内にあるこぶ湯の霊水をつけるといぼがとれるということで有名です。前回のブログでも書きましたが「祈る心は治る力」です。こぶ湯の霊水を頂く時には家城神社に必ず参拝し、こぶ湯で頂いた霊水をつけるときには「神様いぼをとって下さい。」と家城神社の方向を向いて5分間くらいは真剣に祈りましょう。サイト「いぼとり神様・仏様」の家城神社のページも是非御覧下さい。

家城神社は道路左側の森の中です。
家城神社は道路左側の森の中です

家城神社の一の鳥居
家城神社の一の鳥居

こぶ湯への入口
こぶ湯への入口


地元の静岡市清水区にある瀬織戸神社がいぼとり神社
2009年 05月 07日 (木) 09:36 | 編集
静岡市内にいぼ神様はもう無いであろうと思っていましたが、ネット検索中に~瀬織津姫祭祀ー光と闇のフォトブック~のブログの中に静岡市清水区折戸の瀬織戸神社がいぼとり神社であることを見つけました。作者は何と民俗学の故郷といわれている岩手県遠野市の風琳堂主人という方なのです。瀬織戸神社は瀬織津姫を祀る神社で日本全国に2008年5月現在で454社もあるとのことです。瀬織戸は三保の地名と思われますが瀬織戸神社でいぼとり神社は全国でここ1か所のようです。早速去る4月30日に訪問取材しました。私のサイト「いぼとり・神様・仏様」の瀬織戸神社のページも御覧下さい。

東側から眺めた瀬織戸神社の森
東側から眺めた瀬織戸神社の森

向かって左側から眺めた瀬織戸神社
向かって左側から眺めた瀬織戸神社

瀬織戸神社前にある沢山の白石
瀬織戸神社前にある沢山の白石

愛知県豊橋市のいぼ神様を訪問しました。(2)
2008年 08月 21日 (木) 22:47 | 編集
東海道本線JR二川駅の近くを東西に走る県道3号線沿いにある医正会二川病院の向かいにあるファミリーマート二川店の横の階段を登った突き当たりの道を墓地に沿って左に少し歩くと朝日新聞の新聞販売店が左側に見えます。販売店前に駐車場があり、駐車場横に伊寶石神社(いぼ石様)があります。マイカーの場合は西からならば火打坂交差点を左折してすぐ二差路の右側の細い道を道なりに東に走ると朝日新聞販売店前に着きます。東からならば県道3号線の北側にあるスギ薬局二川店のところで右折して道なりに進むとすぐです。サイト「いぼとり神様・仏様」の伊寶石神社のページもご覧ください。

ファミリーマート二川店の東側の階段を上ります

ファミリーマート二川店の東側の階段を上ります

いぼ石様近くの朝日新聞販売店

いぼ石様近くの朝日新聞販売店

伊寶石神社のお社とその背後にあるいぼ石

伊寶石神社のお社とその背後にあるいぼ石



岐阜市のいぼ神様を訪問しました(1)
2008年 07月 24日 (木) 23:51 | 編集
全国のいぼ神様の数は現在852か所、古希の私にはとても全部を訪問するのは無理のようです。とりあえず都道府県の首都のいぼ神様ぐらいは全部訪問出来るのではと思い、先ず岐阜県の県都の岐阜市の二つのいぼ神さまを訪問しました。本日は岐阜市上尻毛八幡のいぼ神・八幡神社を紹介します。この八幡神社は大化の改新以来の古いお宮さんです。大化新政時代の長良川と根尾川の大洪水の時に漂着した御神体を祭ったのが始まりとのことです。国道157号線の岐阜バス尻毛バス停と御菓子の末廣屋本店のある下尻毛西交差点を北東に250mほど進みます。川部6丁目26美容室日沙のある五差路を西に250mほど進んだ北側にお目当てのいぼ神・八幡神社があります。「いぼとり神様・仏様」のいぼ神・八幡神社のページも御覧下さい。

国道157号線下尻毛西交差点を北東に進みます

国道157号線下尻毛西交差点を北東に進みます

県道173号線川部6丁目美容室日沙のある五差路で西へ

県道173号線川部6丁目美容室日沙のある五差路で西へ

いぼ神・八幡神社

いぼ神・八幡神社



copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。