2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぼ神様を4か所見つけました。
2006年 11月 30日 (木) 22:41 | 編集
ネット検索中に栃谷イボ地蔵尊の写真を見つけました。メールで尋ねたところ京都府京丹後市久美浜町栃谷にあることが分かりました。次は千葉県いすみ市国府台59にある東漸寺にある「心のいぼをとるお不動さま」のページを見てご住職に確認したところウイルス性のいぼも取ってくれる不動明王さまであることが分かりましたので早速リンクさせて頂きました。三番目は長野県上伊那郡辰野町の町議会議事録です。議事録のある町会議員さんの質問の言葉の中に「いぼ神の踏切」の一文を見つけました。すぐにメールで辰野町役場に確認したところいぼ神様が実在しました。辰野町伊那冨神戸のどん沢入り口にいぼ神様があることが分かりました。さらにもう一つは徳島県三好市のふるさと探訪のお祭りのページで「脇の頂上のイボ神さん」の一文を見つけました。三好市役所に早速メールで確かめたところ教えて頂きました。三好市山城町脇の峠のお堂にあるイボ神さんです。かくして4つの新しいいぼ神様をいぼとり神様・仏様の全国リストに追加出来ました。
スポンサーサイト
お稲荷さんがイボ神様
2006年 11月 26日 (日) 21:26 | 編集
神社の中でその数が最も多いといわれているのが稲荷神社です。お狐さんがシンボルのお稲荷さまと親しまれている神社です。この稲荷神社がイボ神様のところが静岡県から北の東日本に多くみられます。北から岩手県陸前高田市小友町の宮崎神社、山形県新庄市中山の中山稲荷、山形県南陽市島貫の稲荷神社、福島県須賀川市志茂の菅野稲荷、東京都足立区梅田の佐竹稲荷、静岡県富士市本市場の瘡守稲荷などです。
訪問したいぼ神様3か所追加しました。
2006年 11月 23日 (木) 21:54 | 編集
訪問したいぼ神様に静岡県内のいぼ神さまを新たに3か所を追加しました。藤枝市横内の堂の前地蔵尊と同市高柳の聖観世音菩薩と袋井市長溝のいぼ薬師さんです。昨年12月に「いぼとり神様・仏様」の本を発行した時にはネット検索などで見つけた全国のいぼ神様の数が555か所でしたがそれから約1年経ちましたが、その後現在までに見つかったいぼ神様の数は677か所になりました。
名古屋市内のいぼ神様
2006年 11月 19日 (日) 20:40 | 編集
日本東洋医学会東海支部の漢方学会に出席のため名古屋に出掛けました。昼休みに学会場の名古屋大学のすぐ近くの御器所のいぼ神様を久し振りに訪れてみました。なんと御器所のいぼ神様のお向かいがファミマになっていました。名古屋には現在この他に3か所のいぼ神様があります。南区笠寺町のサイクルパークカトウさんのいぼとり地蔵と中川区月島町1の西宮神社と西区南堀越町のいぼ神様(東岸居士のお墓)です。サイクルパークカトウさんのいぼとり地蔵さんは私が昨年12月5日に発行した「いぼとり神様・仏様」の表紙に使わせて頂いています。
民話の中で見つけた上加斗のイボ神さん
2006年 11月 16日 (木) 20:18 | 編集
民話を読むのが好きなのでずっと以前から福井県小浜市上加斗の上加斗公民館ホームページのふるさとの民話を開いて楽しんでいました。この度、民話に掲載されているイボ神さんが現存するものかどうか公民館にメールを出して確かめましたところ現存するイボ神さんなのです。イボ神さんは中部地方に多く見られるいぼ石タイプです。上加斗公民館の担当者の方がいぼ神さんの写真を1枚提供してくださいましたので早速頂いたいぼ神さまのページに上加斗のイボ神さんのページを追加しました。
佐賀県神埼郡川副町のいぼ地蔵さん
2006年 11月 11日 (土) 23:14 | 編集
佐賀市内に住むMさんが佐賀市立図書館で2005年12月に発行した「いぼとり神様・仏様」を読んでいぼ神様に関心を持って頂き、佐賀県内の多くのいぼ神様の存在を教えて頂きました。
その折に「川副町史」(1979年刊)に3か所のいぼ神様の掲載があることを知らせてくれました。

川副町役場にいぼ神様の実在を確認したところ、お役所のTさまから3か所ともに健在であるとの嬉しいお知らせがありました。しかもご厚意により3か所のいぼ地蔵さんの写真を撮影し送って下さいました。

早速頂いたいぼ神様に3か所のページを作って追加しました。
川副町の早津江和崎小々森新村大詫間8区のいぼ地蔵さんです。
S先生から頂いた長野県の二つのいぼ神様をアップ
2006年 11月 09日 (木) 23:42 | 編集
同じ医師会のメンバーのS先生から大きな封書が届きました。中身は長野県駒ヶ根市赤穂辻沢にあるいぼ地蔵と岡谷市長池東堀尼堂墓地のいぼ神様といわれる永田徳本のお墓の写真と資料でした。資料と写真を使わせてもらって早速2か所のいぼ神様のページをアップしました。駒ヶ根市のはいぼ地蔵ですが辻沢のいぼ神様とも言われています。長野県で見つけた初めてのいぼ地蔵です。もう一つは118才まで生きたと言われる永田徳本という江戸時代の永田徳本という医師のお墓です。永田徳本の籃塔と呼ばれるお墓です。株式会社トクホンの会社名は徳本先生の名前がルーツとのことです。
お墓がイボ神様
2006年 11月 05日 (日) 20:06 | 編集
長野県安曇野市豊科高家にある行人塚という行人様のお墓がイボ神様です。行人塚は日本国語大辞典によると「行者がそこにこもって飲食を断ち、生きながらにして仏になったという伝承をもつ塚」とのことです。安曇野市の行人塚は根誉行人という修行者のお墓で、行人がこもる直前にいぼが全身に出来ていたといわれています。十月の連休に訪問取材しこの度サイト「いぼとり神様・仏様」に行人様・イボ神様のページをこの度アップしました。お墓(供養塔)がいぼ神様のケースをいくつか紹介します。山梨県都留市中央町西凉寺のいぼ神様は元禄時代の御住職のお墓、神奈川県高座郡寒川町興全寺のとんがらし地蔵は六十六部の供養塔、静岡県周智郡森町梅林院のいぼとりさんはお殿様のお墓です。
塩地蔵がいぼとり地蔵
2006年 11月 04日 (土) 22:08 | 編集
東京都を中心に塩地蔵があります。昔塩の商人が旅に出掛ける時に旅の無事を祈ったお地蔵さんとのことです。この塩地蔵さんのいくつかがいぼとり地蔵になっています。有名なのは東京都の足立区西新井の総持寺の塩地蔵と新宿区新宿2の太宗寺の塩かけ地蔵です。この度ネット検索をしていて千葉市中央区市場町10の胤重寺の塩地蔵の写真を見つけたので「いぼとり神様・仏様全国リスト(1)~東日本のページにリンクさせて頂きました。さらに塩地蔵ではありませんが全国リスト~西日本のページに広島市安佐北区口田南小田にある梶峠のいぼ地蔵さんもリンクさせて頂きました。
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。