2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぼ神様としては珍しい毘沙門さま
2007年 04月 27日 (金) 19:56 | 編集
小田原城の北の守り神といわれている毘沙門天立像を祀る神奈川県小田原市水之尾の毘沙門堂を訪問しました。
かまぼこで有名な鈴廣のある小田原市風祭から細い曲がりくねった山道を登りました。坂を上り詰めたところに小田原競輪選手宿舎のサンサンヒルズ小田原があり宿舎から西へ50mほどのところの墓地を右折して北に50mほどのところに目指す毘沙門堂がありました。いぼ神様は地蔵・観音・薬師・不動・いぼ石などいろいろありますが毘沙門天がいぼ神様であることは珍しいのです。サイトの北向毘沙門天も是非御覧下さい。

下水之尾共同墓地入口T字路で北に向かいます


北向毘沙門天前の鳥居と駐車スペース


鳥居前の北向毘沙門天の説明

スポンサーサイト
名古屋市西区南堀越町の東岸居士のお墓
2007年 04月 20日 (金) 21:32 | 編集
ネット検索をしていて名古屋市西区南堀越町1に東岸居士(とうがんこじ)といういぼ神様があることを見つけました。JR名古屋駅で降りて名鉄名古屋駅から西に向かい名鉄本線の東枇杷島駅に下車しました。北方に900mほど歩くと南堀越町に着きました。南堀越町1-8-20の東岸公民館前に東岸居士のお墓がありました。東岸居士は自然居士の弟子といわれており、この地で亡くなりました。東岸居士は謡曲でも有名で喝食(かっしき)の面をつけて踊ります。喝食とは禅寺に居た半俗半僧の若者のことです。遊芸の得意な美少年です。渇食の面には大喝食(おおかっしき)、中喝食(ちゅうかっしき)、小喝食(しょうかっしき)の面があり、東岸居士はは中喝食の面をつけます。この東岸居士の墓碑はなぜか疣の神様なのです。私のサイト『いぼとり神様・仏様』の東岸居士のページも是非御覧下さい。

東岸居士の墓碑

東岸居士の墓碑
地蔵を供養した庚申さま
2007年 04月 08日 (日) 21:22 | 編集
神奈川県秦野市菖蒲にある馬場(ばんば)のいぼ神様を訪問しました。普通庚申さまは青面金剛像、三猿像、邪鬼像、雌雄の鶏像からなるスタンダード碑と猿田彦の文字碑、青面金剛の文字碑、庚申の文字碑などが主流ですが聖観音像、倶利伽羅不動像、帝釈天像、弁財天像、地蔵像など数はすくないがいろいろです。秦野市菖蒲の馬場のいぼ神様は珍しいほうの地蔵像の庚申様でした。
馬場のいぼ神様は地蔵像の庚申供養碑です

馬場坂の石碑のあるところから馬場坂を上ります

神奈川県秦野市香雲寺のいぼとり地蔵
2007年 04月 04日 (水) 21:57 | 編集
秦野市健康福祉部市民健康課2003年3月発行)の18ページの地図上で香雲寺のいぼとり地蔵を見つけました。東京中心にいぼとり地蔵が多いのですが、神奈川県では現在までに45か所のいぼ神様を見つけました。その内訳は地蔵さんが34か所、観音さまが2か所、毘沙門さまが1か所、庚申さまが1か所、道祖神が2か所、神社が八幡神社と石神社の2か所、弘法さまが1か所といぼ神様が2か所でした。やはり地蔵さんが多く全体の76%でした。

香雲寺の正門前のいぼとり地蔵

香雲寺の本堂

いぼ完治の嬉しいメール
2007年 04月 01日 (日) 22:35 | 編集
いぼとりの相談メールを取り交わしていた方からお祈りをしたらいぼが完全に取れたという嬉しいメールを受け取りました。そのことをブログ青空に書いていられますので紹介します。お祈りした東京都練馬区錦1の円明院の血の道地蔵は女性の血の道の病にご利益があるといわれている地蔵さんですが、いぼとりの効果もあるということからいぼとり地蔵と言われています。
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。