2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いぼ完治の嬉しいお便り(1)
2008年 11月 30日 (日) 14:56 | 編集
静岡県の東部にお住まいのTさんのご家族からいぼ完治の嬉しいお便りが届きました。Tさんは8才の男の子、当時は両手・顔・脛や膝に沢山のイボが出来ていて、4年間静岡県東部の皮膚科医院で液体窒素などの治療を続けていました。全く治らないのでインターネット検索で「いぼとり神様・仏様」のサイトと出版した「いぼとり神様・仏様」の本のことを知り、今年の6月2日に静岡市にある当院を受診されました。当時市販のヨクイニンを内服しているとのことでしたので、それを続けながら、「イボ取れろ、イボ大嫌い、イボ消えろ、イボ出て行け。イボ無くなれ。」などのおまじない療法をすすめました。それから3か月後の9月末に以下の嬉しいメールが届きました。『この6月に一度診察をしていただきました。診察後「いぼとり神様・仏様」の本に掲載されていた御殿場市のいぼとり神社富士市原田のいぼとり不動にもお参りもしました。ヨクイニンを続けながら「毎日朝晩イボ取れろ、イボあっちへ行け、イボきらいだ。」と毎日寝る前におまじないを続けました。7月に入ってプールの授業の後にイボがぽろぽろ取れ初めました。今は嘘のようにすっかりきれいに取れてしまいました。本人とても嬉しかったようです。今でも本は飾ってあります。本当に有難うございました。』
スポンサーサイト
千葉県袖ヶ浦市のいぼ神様(1)
2008年 11月 24日 (月) 15:47 | 編集
10月21日の連休の初日に東京湾アクアラインの海ほたる訪問のついでに袖ヶ浦市のいぼ神様を2か所訪問しました。最初に訪問したのは袖ヶ浦市代宿の乗蓮寺のいぼ観音です。浄土宗乗蓮寺は袖ヶ浦木更津バイパスの袖ヶ浦ICのすぐ近くにありました。乗蓮寺が管理しているさくら浄苑という共同墓地の入り口を過ぎてすぐの道を左折してすぐの左手に薬医門の額の掛かった山門があり、山門をくぐって正面に蓮華堂があり、門を潜ってすぐ左に曲がった左正面に夢殿を模した八角堂がありました。この八角堂の西南裏のさくら浄苑共同墓地に面したところにいぼ観音の石像がありました。サイト「いぼとり神様・仏様」に掲載した乗蓮寺のページも御覧下さい。

さくら浄苑を過ぎてすぐの角を左折して少しの左側に乗蓮寺山門
さくら浄苑を過ぎてすぐの角を左折して少しの左側に乗蓮寺山門

八角堂の向かって左裏にいぼ観音
八角堂の向かって左裏にいぼ観音

乗蓮寺のいぼ観音石像
乗蓮寺のいぼ観音石像
千葉県松戸市のいぼ弁天
2008年 11月 04日 (火) 19:45 | 編集
千葉県市川市で医院を開業されているS先生から三つ目のいぼ神様を贈って頂きました。千葉県松戸市大谷口のいぼ弁天の平戸弁天です。いぼとりの神様としての弁天様は全国的には現在のところ僅かに三つです。この弁天様以外では同じ千葉県の柏市東山にあるイボ弁天(お多福弁天)愛知県安城市上条町の上条弁財天の2か所だけなのです。頂いた写真をもとにサイト「いぼとり神様・仏様」の頂いたいぼ神様の中に松戸市の平戸弁天のページを作製しましたので是非御覧下さい。ブログ「いぼとり神様・仏様」第100号に日本に3か所しかないいぼとり弁天の一つを紹介出来たこと感激です。

平戸弁天のお堂と掲示板
平戸弁天のお堂と掲示板

いぼ弁天の由来を書いた掲示板
いぼ弁天の由来を書いた掲示板

弁天堂の内部(拝殿とお供えもの)
弁天堂の内部(拝殿とお供えもの
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。