2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
日本最北端のいぼ神様
2009年 05月 29日 (金) 23:34 | 編集
秋田県山本郡三種町外岡にイボ神様が見つかりました。現在までの日本最北端の秋田県由利本荘市岩谷麓字折渡(おりわたり)のいぼとり地蔵より北にありますので日本最北端のいぼ神様です。「箸でイボ神様の土を取りイボにつけ、菓子を供え箸を立てる。お願い後は後ろを振り返らない。」という民俗学的風習とのことです。以前ネット検索で男鹿半島入口あたりにあるいぼとり地蔵の話を見たことがありましたので、そのいぼ地蔵さんをとうとう見つけたと思いました。しかしその地蔵さんのいぼとり祈願の風習は豆腐を供えていぼとり祈願をし、治ったお礼も豆腐を供えるとのことでしたので、このいぼ神様とは違うようです。このいぼとり地蔵さんをご存知の方がいたら是非教えて下さい。
静岡県下田市のもう一つのいんぼ地蔵
2009年 05月 22日 (金) 21:21 | 編集
連休の5月4日に娘の車に乗せてもらい、込み合う高速道路を避けて一般道の国道1号線で三島市まで、三島市からは下田街道といわれた国道136号線と国道414号線で下田市の中島橋交差点まで走りました。そこから再度国道136号線を使い下田市吉佐美のいんぼ地蔵を訪れました。下田市吉佐美の多々戸浜入口交差点から少し西に200mほど走った民宿和小路の看板のある分かれ道のところで丁度通り合わせた自動車の地元の中高年と思われる御夫婦にいんぼ地蔵のことを尋ねたところすぐ分かりました。いんぼ地蔵はホテルジャパン下田社員寮の国道136号線を挟んだ向かいの道沿いにありました。地蔵といわれていますが道祖神のようなかわいい30cmくらいの高さの石像でした。いんぼ地蔵には新しいお花が飾られており、地元の方々に大切にされているようです。サイト「いぼとり神様・仏様」の吉佐美のいんぼ地蔵のページも御覧下さい。

多々戸浜入口交差点を東方から、向って右の建物は御食事処喜作
多々戸浜入口交差点を東方から、向って右の建物は御食事処喜作

向って左側の建物はホテルジャパン下田社員寮、その西方の国道136号線沿いにいんぼ地蔵
向って左側の建物はホテルジャパン下田社員寮、その西方の国道136号線沿いににいんぼ地蔵

国道136号線沿いの3体の石像の向って右のかわいい石像がいんぼ地蔵
国道136号線沿いの3体の石像の向って右のかわいい石像がいんぼ地蔵

いぼとり神様・仏様の都道府県別下位10位
2009年 05月 14日 (木) 11:05 | 編集
3月29日のブログでいぼとり神様・仏様の都道府県別上位10位(第3回目)を掲載しましたが、今回は少ない順に纏めてみました。1か所も見つかっていないのが北から北海道、青森県、奈良県、沖縄県です、2か所が岩手県、3か所が秋田県です。10か所以下のところを以下掲載します。北海道と沖縄県に見つからないのは何となく納得ですが、青森県と奈良県で何故見つからないのかと思っています。

第1位   北海道  0か所
       青森県  0か所
       奈良県  0か所
       沖縄県  0か所
第5位   岩手県  2か所
第6位   秋田県  3か所
第7位   滋賀県  5か所
       島根県  5か所
       高知県  5か所
第10位  大阪府  6か所
       徳島県  6か所
第12位  富山県  8か所
       石川県  8か所
第14位  和歌山県 9か所
       鳥取県  9か所
       宮崎県  9か所

  
地元の静岡市清水区にある瀬織戸神社がいぼとり神社
2009年 05月 07日 (木) 09:36 | 編集
静岡市内にいぼ神様はもう無いであろうと思っていましたが、ネット検索中に~瀬織津姫祭祀ー光と闇のフォトブック~のブログの中に静岡市清水区折戸の瀬織戸神社がいぼとり神社であることを見つけました。作者は何と民俗学の故郷といわれている岩手県遠野市の風琳堂主人という方なのです。瀬織戸神社は瀬織津姫を祀る神社で日本全国に2008年5月現在で454社もあるとのことです。瀬織戸は三保の地名と思われますが瀬織戸神社でいぼとり神社は全国でここ1か所のようです。早速去る4月30日に訪問取材しました。私のサイト「いぼとり・神様・仏様」の瀬織戸神社のページも御覧下さい。

東側から眺めた瀬織戸神社の森
東側から眺めた瀬織戸神社の森

向かって左側から眺めた瀬織戸神社
向かって左側から眺めた瀬織戸神社

瀬織戸神社前にある沢山の白石
瀬織戸神社前にある沢山の白石

copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.