2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニークないぼとりのおまじない
2009年 07月 30日 (木) 23:39 | 編集
前々回と前回は山口県宇部市の塩地蔵のお話をしましたが、ネット検索をしていたら同じ県の山口市小郡にいぼとり地蔵を見つけました。このいぼとり地蔵の民俗学的なおまじないはユニークなのです。年の数だけ後ろでんぐり返りをするのです。同じ山口県には同じようなユニークなおまじないがあります。萩市三見のいぼ神様では~菓子やいり豆を供えて祈願し供え物をイボの数だけ食べます~また同じ萩市紫福のいぼとり地蔵では~いぼに紙で触れその紙に唾液をつけて地蔵さんに触れます~同じようなユニークなおまじないはやはり同じ中国地方の鳥取県にもあります。鳥取県東伯郡三朝町三朝温泉のちくま様では~歌を半分唄い、残りは治ってから唄う~鳥取県東伯郡湯梨浜町野方のいぼ神様では~「たいさ、たいさ、のプリッチュー、がなは」と童謡を逆さにとなえる~などいかにも新しさを感じます。
スポンサーサイト
サイト「いぼとり神様・仏様」で最も見て欲しいページ
2009年 07月 23日 (木) 22:10 | 編集
前回のブログで愛知県のY先生が山口県宇部市のいぼ地蔵のお塩を送ってもらい、いぼ地蔵に祈りながらいぼにつけていぼを治療をして有効でだったことを書きました。そのことに付け加えてサイト「いぼとり神様・仏様」の中で最も見て頂きたいページを紹介します。このページにはドラマチックに治った5人の方のメールを紹介しています。いぼ治療に思う(3)~いぼ治癒のうれしいお便りをじっくり御覧下さい。
愛知県のY先生からのお便り
2009年 07月 16日 (木) 11:20 | 編集
愛知県T市のY先生からウイルス性イボ治療の学会発表の興味あるお便りを頂きました。山口県宇部市のM先生のご実家に地蔵に奉納されている塩をイボにつけて祈るとイボが治ると言われているいぼとり地蔵があることをY先生がある学会誌の記事で知り、早速M先生にお願いしてその塩を送ってもらいました。頂いたいぼとり地蔵の塩を水で溶いて、山口県宇部市のある西の方向を向いてお地蔵さんにイボトリをお願いしながら朝晩1回づつイボに塗ってもらったところ、それまでのいろいろの治療で治らなかったイボの患者さんが見事に治りました。そのイボ完治例の治療経過を写真撮影し皮膚科学会で学会発表をされたことのお便りでした。ところで静岡市内にも湧き水をつけるとイボが取れるというお不動さんがあります。飲めるような湧き水とか塩をつけることは衛生医学的にも安全です。神仏に対する祈りプラス、おまじないですので暗示効果が倍加するものと思います。宇部市のこのいぼとり地蔵さんが私のサイトの「いぼとり神様・仏様の全国リスト(2)~西日本」に未掲載なのです。現在M先生に問い合わせ中、いずれ追加出来ると思います。
熊本県のいぼ神様
2009年 07月 09日 (木) 21:11 | 編集
ネット検索中に熊本レーシングスキークラブのブログでいぼ地蔵の写真を見つけました。早速コメントにアクセスしたところ熊本市内の津浦町にあることを教えて頂きました。ブログ管理人の方がいぼ地蔵の写真をプレゼントして下さったので、サイト「いぼとり神様・仏様」の「頂いたいぼ神様」に津浦町のいぼ地蔵ページを作らせて頂きました。熊本県のいぼ神様について一言お話します。現在私がネット検索などで見つけた九州のいぼ神様は熊本県は40か所、第2位は大分県36か所、第3位は福岡県34か所、第4位は佐賀県33か所で熊本県が九州ではその数がトップです。熊本県40か所の内訳はいぼ地蔵が14か所でいぼ神様が22か所ですから全国的に見るといぼ地蔵の数が少ないと思います。熊本県のいぼ神様で興味あることは「いぼだらさん」とか「がらんどんさん」とか「ろくびさん」とか「どくんどさん」などの愛称で呼ばれるいぼ神様があることです。
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。