2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
静岡県磐田市の延命いぼとり地蔵
2009年 10月 29日 (木) 10:11 | 編集
日本石仏協会会員の浜松市のYさんから情報を頂いた静岡県磐田市藤上原の延命いぼとり地蔵を訪問取材しました。藤上原の大藤9区の戸田さん宅前の道路わきに大切に保存されていました。現在の藤上原(ふじかんばら)は藤野という字であったとのことです。いぼ神様を訪問するたびにひしひしと残念に感じることですが、歴史的な意味のある地名の大字、小字が消滅してゆくことです。私のサイト「いぼとり神様・仏様」の延命いぼとり地蔵のページも御覧下さい。

戸田さん宅前の道路わきの延命いぼとり地蔵
戸田さん宅前の延命いぼとり地蔵

延命いぼとり地蔵の地蔵堂
延命いぼとり地蔵の地蔵堂
松かさ奉納のいぼ神様
2009年 10月 19日 (月) 23:07 | 編集
日本石仏協会会員の浜松市のYさんからの情報を頂き静岡県浜松市南区倉松町のいぼとり地蔵といわれる辻地蔵を訪問しました。辻地蔵は願い事は松かさを奉納して祈ります。松かさ奉納の風習のあるいぼ神様はここで5番目です。サイト「いぼとり神様・仏様」の辻地蔵のページも御覧下さい。
過去訪問した4か所は以下のとうりです。
(1)山梨県南都留郡河口湖町淺川の白石神社
(2)静岡県富士市宮島の五貫島の庚申さん
(3)浜松市西区神ケ谷町の洞雲寺のいぼとり地蔵
(4)愛知県豊橋市石巻本町嵯峨の春興院のいぼとり地蔵

西方向から見た辻地蔵堂
西方向からみた辻地蔵堂

東方向から見た辻地蔵堂
東方向から見た辻地蔵堂

南方向から見た辻地蔵堂
南方向から見た辻地蔵堂


日本皮膚科学会サイトの皮膚科Q&A
2009年 10月 08日 (木) 09:00 | 編集
日本皮膚科学会サイトの皮膚科Q&A第23回*イボとミズイボ、ウオノメとタコーどう違うのですかーを紹介します。江川清文先生がイボについてくわしく記載されています。
Q1.そもそも、「イボ」って、いったい何ですか。
Q2.イボ(ウイルス性疣贅)はどうして出来るのですか?
Q3.イボ(ウイルス性疣贅)にはどんな種類がありますか?
Q4.イボ(ウイルス性疣贅)はうつるのですか?
Q5.子宮癌がイボのウイルスが原因と聞いたことがあります。イボは癌になるのですか?
Q6.イボの治療はどうするのですか?
Q7.ミズイボとイボは違うのですか?
~~~
Q10.イボやミズイボにかからないようにするには、どうすればよいですか?
Q11.ウオノメと思って皮膚科を受診したら、イボと言われました。~~~
その中のQ6.にはいぼ地蔵やいぼ観音についての記載があります。
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.