2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三重県津市のいぼ神様(2)~家城神社
2009年 12月 30日 (水) 09:28 | 編集
 三重県の津市で訪問取材した二つ目のいぼ神様を紹介します。津市白山町南家城の家城神社は有名ないぼ神様です。家城神社境内にあるこぶ湯の霊水をつけるといぼがとれるということで有名です。前回のブログでも書きましたが「祈る心は治る力」です。こぶ湯の霊水を頂く時には家城神社に必ず参拝し、こぶ湯で頂いた霊水をつけるときには「神様いぼをとって下さい。」と家城神社の方向を向いて5分間くらいは真剣に祈りましょう。サイト「いぼとり神様・仏様」の家城神社のページも是非御覧下さい。

家城神社は道路左側の森の中です。
家城神社は道路左側の森の中です

家城神社の一の鳥居
家城神社の一の鳥居

こぶ湯への入口
こぶ湯への入口


スポンサーサイト
地蔵に奉納した塩をつけて祈る
2009年 12月 23日 (水) 22:09 | 編集
 今年の8月の始めに愛知県豊川市にすむ両手にウイルス性いぼが沢山出来た25才の女性がサイト「いぼとり神様・仏様」を見て何とかいぼを治して欲しいと言って受診されました。20年前に発病したもので今まであちこちの皮膚科でいろいろの治療を受けたがどうしても治らなかったとのことでした。静岡まで通院してもらうのはとても無理なので2009年7月16日のブログで紹介した豊川市のお隣の豊橋市のY先生を紹介させて頂きました。Y先生の治療は山口県宇部市のM先生の実家にあるいぼとり地蔵に奉納した塩を送ってもらって宇部市のある西の方に向かい「いぼを取って下さい。」と祈ってその塩を溶かした塩水をイボにつけるのです。紹介から3か月余、先日患者さんから「長年どうしても治らなかったウイルス性いぼが完全に治りました」の喜びの電話が届きました。追いかけるように12月18日にY先生から治療前と治療後の写真のフロッピーが届きました。沢山のいぼが出来ていた両手の写真に続き、いぼが完全に取れたきれいな両手の写真でした。まさにアメリカの医学者ラリー・ドッシーの言う「祈る心は治る力」です。
愛知県知多市佐布里の桜鐘地蔵尊
2009年 12月 20日 (日) 20:39 | 編集
 11月12日のブログで紹介した阿久比町板山のいぼとり地蔵の写真を贈ってくれたM薬品のSさんから再び別のいぼとり地蔵の写真が着きました。知多市の佐布里湖畔桜鐘にある桜鐘地蔵尊です。桜鐘地蔵尊は光背型(船型)の石塔で、新しく作りなおされたようです。伝承によると地蔵の前の小石を借りていって患部をこすると万病に利くとのことです。特にイボに効くのでいぼとり地蔵ともいわれます。石塔に無病息災の字がありました。頂いたいぼ神様の中に桜鐘地蔵のページを作成しましたので御覧下さい。

地蔵堂の説明板
地蔵堂の説明板
三重県津市ののいぼ神様を訪問しました(1)
2009年 12月 11日 (金) 20:11 | 編集
 12月6日(日)の朝6時に静岡を出発し三重県の津市内にある4か所のいぼとり神様訪問取材旅に出発しました。東名高速道路の静岡ICから西に向いました。豊田JCで伊勢湾岸自動車道に入り、四日市JCで東名阪自動車道、亀山ICから伊勢自動車道を走り、津市の久居ICを午前9時半頃一般道に出ました。先ず国道165号線を西へ走り、先ず津市白山町南家城にあるいぼとり神社の家城神社を訪問しました。そこから東へ戻り、雲出本郷町にある庚申堂のいぼとり地蔵を目指しました。雲出本郷町交差点で右折して、いぼとり地蔵のある庚申堂近くの浄蓮寺に寄らせて頂き、庚申堂のある場所を教えて頂きました。そこから国道23号線を北上しました。時刻も12時を過ぎたので国道23号線沿いで昼食をとりました。昼食後国道23号線をさらに北上し、河芸町高佐の琴亀のいぼとり地蔵を目指しました。いぼとり地蔵は高佐地区農業構造改善センター近くの三重交通の高佐バス停のすぐ南の個人のお宅にありました。そのお宅が地蔵のお世話をされているとのことでした。もう1か所のいぼとり地蔵は美里町にあるのですが、3時を過ぎて少し暗くなりかけていましたので訪問はまたの機会にすることにして帰途につきました。帰りは豊田JCのあたりが最も渋滞し、静岡には夜の9時頃になりました。この度のいぼ神様取材旅は三重県への初めての訪問でもあり、実に楽しい1日でした。3つのいぼ神様のうち雲出本郷町の庚申堂のいぼとり地蔵のページを公開しましたので是非御覧下さい。
福島県飯館村の疣石観音
2009年 12月 04日 (金) 21:31 | 編集
ネット検索をしていたら『福島県飯館村へのご案内・飯樋はいいどこ』のサイトの中に疣石観音の記事をみつけました。疣石観音は所在地は福島県相馬郡飯館村飯樋大平の塩の道ぞいです。疣石観音の疣石にこよりを結び疣取りの祈願をすると疣がとれると言われています。おまじないのやり方が違いますが、静岡県富士宮市沼久保にも疣石観音と同じようないぼとり石の上に観音さまが立っている沼久保のいぼ神様といわれているいぼ石があります。いぼとり神様・仏様の中ではいぼとり地蔵に続いて多いのはいぼ石ですが、仏様の中ではいぼとり地蔵に続いて多いのはいぼとり観音です。疣石観音はいぼとり石といぼとり観音のリンクしたタイプと思われます。私のサイトのいぼとりさん考察(い)もご覧ください。
copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。