2000年8月「いぼとり神様・仏様」のインターネットサイトを公開し、現在までに100ケ所以上のいぼ神様を訪問取材しました。いぼ治療におけるいぼ神様の効能を紹介してゆきます。
ブログ「いぼとり神様・仏様」
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県岡崎の岡崎三十六地蔵の第33番札所のいぼ地蔵
2010年 09月 26日 (日) 10:53 | 編集
岡崎三十六地蔵の第33番札所の地蔵堂がいぼ地蔵といわれています。第33番札所は夢想庵です。名鉄名古屋本線の東岡崎駅の北側の通りの駅のすぐ東にある六所神社の鳥居のあるところで右折して名鉄線の踏み切りを渡り、100mほどのところで左に曲がってさらに100m弱で右折すると第32番札所の曹洞宗安心院があり、そこを左折してすぐのところに第33番札所無相庵の地蔵堂があります。サイト「いぼとり神様・仏様」の無相庵のいぼとり地蔵のページも御覧下さい。

名鉄東岡崎駅のすぐ東にある六所神社の鳥居
名鉄東岡崎駅のすぐ東にある六所神社の鳥居

曹洞宗安心院の正門
曹洞宗安心院の正門

夢想庵のいぼとり地蔵
夢想庵のいぼとり地蔵



スポンサーサイト
世田谷区弦巻のいぼとり地蔵
2010年 09月 19日 (日) 08:27 | 編集
弦巻(つるまき)のいぼとり地蔵はネットでよくお目にかかるいぼとり地蔵さんです。この度お参りすることが出来ました。世田谷区弦巻1-41の駐車場に囲まれた十字路の角地に地蔵堂がありました。寛延4年(1751年)に弦巻村の21人の女性願主によって作られた地蔵さんです。地蔵堂の屋根は真赤で、空中写真で見ても赤い屋根が見られます。サイト「いぼとり神様・仏様」の弦巻のいぼとり地蔵のページも御覧下さい。

世田谷通りの世田谷駅前交差点
世田谷通りの世田谷駅前交差点

東方向から眺めたいぼとり地蔵の地蔵堂
東方向から眺めたいぼとり地蔵の地蔵堂

弦巻のいぼとり地蔵の地蔵堂
弦巻のいぼとり地蔵の地蔵堂


道塚の大楽寺のいぼとり地蔵
2010年 09月 12日 (日) 19:55 | 編集
昔多摩川の下流を六郷川といい、国道15号線の六郷橋のところに六郷の渡しがありました。JR蒲田駅および京急蒲田駅の南を東西に走る環八通り(東京都道311号線)の南側を六郷と言い、東六郷、西六郷、南六郷、仲六郷の地名が残っています。大田区のホームページの六郷むかしばなしの中に「いぼとり地蔵は道塚の大楽寺にもありましたね。」の文言がありました。道塚(現在の新蒲田)も六郷の一部だったようです。大楽寺は道塚小学校の西側にありました。大楽寺墓地入口にいぼとり地蔵がありました。サイト「いぼとり神様・仏様」にも大楽寺のいぼとり地蔵のページを公開しましたので是非御覧下さい。

大楽寺の正門
大楽寺の正門

大楽寺の楼門
大楽寺の楼門

大楽寺のいぼとり地蔵
大楽寺のいぼとり地蔵
池上微妙庵の馬頭観音
2010年 09月 05日 (日) 11:35 | 編集
大田区池上3丁目の池上微妙庵(毘沙門天)にあるいぼとり観音の馬頭観音を訪ねました。東急池上駅を降りて東急駅前通りを西へ進み、すぐ右折して東京都道421号線に出て左折して2つ目の信号機を右折したところに池上微妙庵があります。毘沙門天の御本堂の前の小さなお堂の中の石祠の中にいぼとり観音さんが祀られていました。東京都内のいぼとりさんは殆どがいぼとり地蔵で、この馬頭観音は東京都内ただ一つのイボ取り観音です。「いぼとり神様・仏様」のサイトのイボとり観音・馬頭観音のページも御覧下さい。

東急池上駅前の池上駅前通り
東急池上駅前の池上駅前通り

毘沙門天のご本堂前に馬頭観音の小さなお堂
毘沙門天のご本堂前に馬頭観音の小さなお堂

ご本堂前から眺めた馬頭観音
ご本堂前から眺めた馬頭観音




copyright (C) ブログ「いぼとり神様・仏様」 all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。